外壁塗装をする前に価格を調べておこう|比較が大事

費用を抑えた施工が可能

太陽光パネル

太陽光発電は、省エネで環境に優しく、光熱費を節約したい人は導入を検討しています。埼玉の専門業者では、人気のメーカーの太陽光パネルを取り扱っており、屋根の形状や方角に合った、発電量の多い商品を提案しています。

業者選びで後悔しない

アンテナ

テレビを見るために取り付けるアンテナは屋根の上などにあるため、専門の業者に依頼して取り付けてもらうことがほとんどです。最近はあまり良くない業者も増えつつあるので、確かな技術を持っているか、見積もりは明確かなどを確かめて安心できるところを選びましょう。

自然の力を活かす発電

太陽光発電

太陽光発電の仕組みは、いくつかの装置によって成り立っています。太陽光パネル以外にも、接続箱やパワーコンディショナーなどの装置を使います。太陽光発電を導入する際は、まず計画を立てます。業者に調査してもらって、問題が無ければ工事を行います。そして電力受給契約を結んだら、運転が開始されるのです。

リフォーム会社と塗装業者

作業員

経済的な負担の少ない方に

外壁塗装は、リフォーム会社または塗装業者に依頼することで、行ってもらえます。一般的にリフォーム会社は、受注した外壁塗装を、自社で施工するのではなく、下請けの塗装業者に任せます。そのため中間マージンが発生し、価格はやや割高になります。具体的には、一戸建ての外壁塗装をリフォーム会社に依頼した場合の価格は、約80万円が相場となっているのです。しかし塗装業者に直接依頼した場合には、中間マージンが発生しないので、50〜60万円の支払いで済みます。もちろんどちらの場合も、塗装業者が施工することになるので、基本的には同じ仕上がりになります。そのため安さを求めて、塗装業者に依頼する人は多くいます。しかし外壁塗装では、しばしば外壁材の交換作業や屋根塗装も必要となります。このような場合、塗装を専門に行っている業者では対処しきれないため、別途建築会社や屋根業者に作業を依頼しなければなりません。もちろんそれぞれの業者への支払いが必要となるので、トータルで200万円を超えることもあります。しかしリフォーム会社に依頼していた場合には、各作業が下請け業者によってスムーズに対処されます。新たに業者を探す手間が省かれますし、その分工期も短くなるので、それが価格にも反映されることになります。このように外壁塗装の価格は、依頼先と状況によって異なってくるのです。そのため多くの人が、リフォーム会社と塗装業者の両方に現場調査と見積書の提出を依頼しています。それらを比較すれば、より経済的な負担が少ない方を選択することが可能となるのです。